プロ野球ドラフト会議でオリックスから2位指名された駿河総合高の紅林弘太郎内野手が21日、静岡市駿河区の同校で、中川隆治アマチュアスカウトグループ長、牧田勝吾チーフスカウト(島田商高出)から指名あいさつを受けた。同校の大庭弘義校長、望月俊治監督らが同席した。
 西村徳文監督のサイン色紙を受け取った紅林は「ここからが本当の勝負。自分を見失わず、持ち味を伸ばしていきたい」と表情を引き締めた。同じ186センチの坂本勇(巨人)に憧れ、遊撃手へのこだわりもあるが、球団が三塁を守れる和製長距離砲を求めていると聞き、「出場できるのならサードでもどこでも守る」と即答した。
 高1から...    
<記事全文を読む>