今年のオフは振り込む! 日本ハムの西川遥輝外野手(27)が来季に向けて、バットを振り込んでいくプランを練っている。今季は春先から安定した成績を収め、4割に迫る出塁率をマークした斬り込み隊長。さらに数字の上乗せを狙うためにも、振って、振って、振りまくる。

 トップバッターとして申し分ない成績を残したが、向上心の塊である西川は当然、満足していない。現在、千葉・鎌ケ谷で行われている秋季練習でも連日のように居残り特打を敢行し、レベルアップを図っている。

 昨オフは春先のつまずきをなくすために「振りたいのを我慢する」と自主トレでバットの振る量を減らした。結果として、開幕直...    
<記事全文を読む>