米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手(花巻東高)が日米で培った経験を基に独自の野球論を熱く語った。メジャー1年目を振り返りながら「試合前に数独をする」「時間に厳しい」など大リーグの日常を紹介。日米の野球の違いや子どもの指導についても分かりやすく伝えた。

 盛岡市南大通のトレーニング施設「THUMBS UP(サムズ・アップ)」(金沢大地代表)が今月中旬に開催したセミナーの特別ゲストとして登場。岩手のためにシーズンオフの貴重な時間を割くのが背番号18の流儀で「急に決まったけど投球と一緒でぶっつけ本番」と笑いながら「野球を考える」と題して講演した。

 米国で流行してい...    
<記事全文を読む>