独立リーグ日本一の興奮が冷めやらない中、徳島インディゴソックスにうれしいニュースが飛び込んできた。プロ野球のドラフト会議で2人、育成ドラフトで1人が指名された。徳島インディゴソックスからの指名は2013年から7年連続。この7年間の指名選手は13人に上り、国内独立リーグの15チームの中では、群を抜いて多い。一方、観客動員数は四国で最少、赤字額は最多。独立リーグのチームは経営が厳しく、福井ミラクルエレファンツを運営する会社が今シーズンをもって解散する。徳島インディゴソックスもいつ危機に陥ってもおかしくはない。守り、支えるのは県民の力でしかない。

 徳島インディゴソックスが誕生し...    
<記事全文を読む>