17日のプロ野球新人選手選択会議で興南高の宮城大弥投手を1位指名したオリックス・バファローズの福良淳一GM、中川隆治アマチュアスカウトグループ長、山口和男スカウト、縞田拓弥スカウトが20日、同校を訪れ、宮城や我喜屋優監督と面談した。仮契約は今後、日程を決めるという。

 約20分間の面談を終えた後、福良GMは宮城について「甲子園出場時から、体の強さや直球やスライダーが十分いけると考え、指名させてもらった」と明かした。育成方針は「戻って相談するが、そんなに時間はかからない」と述べた。球団から宮城へ、西村徳文監督のサイン色紙などがプレゼントされた。

 面談後...    
<記事全文を読む>