日本ハムの統括本部付き特命コーチを務めていた矢野謙次氏(39)が来季の1軍スタッフとして入閣することが19日、分かった。外野守備部門をメインに担当し、打撃部門も補佐として指導に携わる見通し。選手からの人望が厚く、両部門の強化を図る上で適任と判断された。

 2003年に国学院大からプロ入り。巨人時代から闘志を前面に押し出し、積極果敢なプレーでチームを鼓舞してきた。15年6月に、トレードで日本ハムに加入。主に代打の切り札として活躍し、北海道のファンにも愛された。<道新スポーツ10月20日掲載>

  ...    
<記事全文を読む>