西武は18日、フリーエージェント(FA)権を保有している秋山、内海、十亀の3選手と東京都内で初交渉を行った。渡辺ゼネラルマネジャー(GM)は「当然、来季も残ってほしいという話をした。条件も提示している」と説明した。

 昨オフに巨人へFA移籍した炭谷の人的補償で加入した内海は、左肘の故障で1軍登板なしに終わった。海外FA権を持つが「一試合も投げていないし(行使)できるわけがない。活躍してもするつもりはなかった。(来年は)何とか活躍して、一試合でも貢献したい」と残留を決めた。渡辺GMは「今年はけがをしたけど、来季は戦力になってほしい。何とか復帰しようとしてきた努力は見ている。姿...    
<記事全文を読む>