プロ野球の中日からドラフト2位で指名された高浜町出身の橋本侑樹投手(21)=大阪商大=が十八日、母校の大垣日大高(岐阜県)を訪れ、恩師の阪口慶三監督(75)にプロ入りを報告。今季限りで現役を引退した同郷の高橋聡文投手(阪神)に代わり、地元貢献にも意欲を示した。

 歓喜の指名から一夜明け、母校に姿を見せた橋本投手。「祝福のLINE(ライン)は百件くらい。新聞とかで取り上げてもらって実感がだいぶ湧いてきました」と笑顔を見せ、「自分が投げるときにはチームが勝てるような投手になりたい」と決意を語った。

 東邦高(愛知県)と大垣日大高で半世紀を超える指導歴のある阪口監督を...    
<記事全文を読む>