東北楽天の今江年晶内野手(36)が18日、仙台市の楽天生命パーク宮城で引退会見をした。今江は「続けたい気持ちはあったが、目の病気や年齢などを考えて引退を決めた。支えてくれた人たちに、言葉で言い表せないぐらい感謝している」と語った。
 今季は右目の不調の影響で26試合の出場にとどまり、打率2割7分6厘、1本塁打、7打点だった。7月に出場選手登録を抹消された後は2軍で調整を続けていた。球団から来季はコーチでの契約を打診されたため他球団での現役続行も考えたが、「目の病気もあり、違うチームでプレーするのは不安だった」と引退を決めた。
 プロ18年間での一番の思い出は、ロッテ...    
<記事全文を読む>