三重県立菰野高校3年の岡林勇希選手(17)が17日のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名された。菰野町の同校で会見した岡林選手は「ほっとした気持ち。プロの世界で勝てる投手を意識して、体力や技術の向上を目指していきたい」と抱負を語った。

松阪市出身の最速153キロの本格派右腕。50メートル5秒8、高校通算21本塁打と走攻守三拍子そろった選手で、昨年6月にはU18日本代表1次候補に奥川恭伸投手(石川・星稜)らとともに2年生で選出された。

菰野高校では1年夏からベンチ入りし、2年秋からエースで4番を務めた。高校3年間で甲子園に出場することはできなかったが「技...    
<記事全文を読む>