17日のプロ野球ドラフト会議で阪神から1位指名された創志学園高の西純矢投手は18日、同校を訪れた矢野燿大監督から指名あいさつを受け「プロになるんだなとやっと実感した。ここからが野球人生の正念場。一回りも二回りも成長していく」と決意を新たにした。

 矢野監督は初対面した最速154キロ右腕とがっちり握手。「真面目で笑顔も絶えず、人間的に引かれる部分が多い」と印象を語り、1位指名した理由を「打撃も含めた総合力を評価した。向かっていく反骨心や体の強さもある」と明かした。

 高校2年時の夏の甲子園でガッツポーズする姿が注目されたことにも触れ「マウンドから...    
<記事全文を読む>