東京都内で17日開かれたプロ野球ドラフト会議では、育成を含めて県内関係の3選手が指名を受けた。オリックスに2位で指名された紅林弘太郎内野手(17)が通う駿河総合高(静岡市駿河区)では、昨年のドラフト2位でソフトバンク入りしたOBの杉山一樹投手(21)に続く2年連続の吉報。DeNAの1位指名を受けた森敬斗内野手(17)=静岡市立藁科中出身=のいる桐蔭学園高(神奈川)でも喜びの声が上がった。
 桐蔭学園高の森は、1位指名を受けたDeNAと縁深い。小学生の時に草薙球場で行われた巨人-ヤクルト戦の試合前セレモニーで、当時巨人の現役選手だったラミレス監督と交流した。「手が大きく、とても...    
<記事全文を読む>