東京都内で17日に開かれたプロ野球ドラフト会議で、宮川哲(みやがわてつ)投手(24)=東芝・東海大山形高出=が競合の末に西武から1位指名、伊藤海斗外野手(18)=酒田南高=が巨人から6位指名を受けた。「育成」でソフトバンク7位の村上舜(しゅん)投手(17)=山形中央高=を合わせ、本県で競技に励んだ3人に吉報が届いた。

困難を糧に成長・宮川哲投手

西武からの1位指名に喜びを語る宮川哲投手=横浜市

 宮川投手には忘れられない一球がある。高校3年生で迎えた2013年の全国選手権山形大会の準々決勝。自らの暴投でサヨナラ逆転負けを喫した。

 ...    
<記事全文を読む>