プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は17日、東京都内で行われ、興南高校の投手・宮城大弥(ひろや)がパ・リーグのオリックス・バファローズから1位指名を受けた。県勢の高校生で1位で指名されたのは2011年の川上竜平(仲井真中―光星学院高出、2016年にヤクルト退団)以来。四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスに所属する投手の上間永遠(とわ)(古蔵中―大分・柳ヶ浦高出)は埼玉西武ライオンズから7位指名された。育成ドラフトでは、興南高校内野手の勝連大稀(はるき)が福岡ソフトバンクホークスから4位指名された。

 宮城は左投げ左打ち。2017年と18年には全国高校野球選手...    
<記事全文を読む>