17日に東京都内であったプロ野球のドラフト会議で、中国地方関係では7選手が指名された。晴れの1位指名を受けたのは広島ゆかりの3人。JFE西日本の左腕、河野竜生投手は2球団の競合の末に日本ハムが交渉権を獲得し、JR西日本の佐藤直樹外野手はソフトバンク、広島・阿品台中から岡山・創志学園高に進んだ西純矢投手は阪神に指名された。

...    
<記事全文を読む>