オリックスから2位で指名を受けた駿河総合高の紅林。「高い評価に驚いた」と笑みを浮かべ、「期待に応えられるよう、一刻も早く1軍に上がり、日本を代表する選手になりたい」と言葉に決意をにじませた。
 思わぬ形で吉報が飛び込んできた。会見場に設置されたテレビの接続トラブルで映像が途切れ、情報が滞る中、望月監督の携帯電話が鳴った。相手は監督の島田商高時代の教え子でオリックスに入団し、現在は球団広報を務める仁藤氏。「2位で指名させていただきました。よろしくお願いします」。会場内に歓喜の輪が広がった。
 186センチと長身ながら、素早い身のこなしで異彩を放つ遊撃手。「ショートは内...    
<記事全文を読む>