プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、アマチュア球界一の剛腕として注目された岩手・大船渡高の佐々木朗希(ろうき)投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交渉権を獲得した。

 今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸(やすのぶ)投手はヤクルト、阪神、巨人の3球団の競合となり、交渉権はヤクルトに。愛知・東邦高の石川昂弥(たかや)内野手はオリックス、ソフトバンクとの抽選を制した地元中日が交渉権を獲得した。広島は明大の森下暢仁(まさと)投手、DeNAは神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手を単独で1位指名した。

...    
<記事全文を読む>