プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日、東京都内で開かれ、東北楽天は小深田大翔(こぶかたひろと)内野手(大阪ガス)を1位指名し、交渉権を獲得した。岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は東北楽天など4球団が1位指名で競合した末、ロッテが交渉権を得た。
 東北楽天は最初に佐々木を指名したが抽選で外れ、次に小深田を単独指名した。小深田は走攻守の三拍子がそろい、昨夏の都市対抗大会優勝に貢献した。
 佐々木以外の東北関係の上位指名選手は、堀田賢慎投手(青森山田高)が巨人1位、宮川哲投手(東芝、東海大山形高-上武大出)は西武1位。佐藤都志也捕手(東洋大、福島・聖光学院高出...    
<記事全文を読む>