プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は17日、東京都内のホテルであり、広島は明大の森下暢仁投手を1位で単独指名し、交渉権を獲得した。森下は最速153キロの右腕で、東京六大学通算15勝を挙げた。

...    
<記事全文を読む>