西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が16日、ドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)を1位で指名することを公表した。同日、東京都内で開いた編成会議で決定。「非常に素晴らしい投手。くじになってもいく価値はある。投手としての能力はもちろん、投げている姿、走っている姿、けん制、クイック、フィールディングと全てのポテンシャルが高い」と絶賛した。

 西武はリーグ2連覇を果たしたが、チーム防御率は2年連続で最下位。それでも、最速163キロ右腕をじっくり育成する考えだ。渡辺GMは来季から3軍制を敷く方針を明かした上で「彼をすぐに(1軍)という考えはありません。自前の選手...    
<記事全文を読む>