プロ野球のドラフト会議が、きょう17日午後5時から東京都内で行われる。最速149キロを誇る熊本・有明高の右腕、浅田将汰(18)は甲子園出場こそ果たせなかったが、今年、高校日本代表に選出されて、8~9月のU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場。2試合に登板した国際経験を糧にして、小さい頃からの夢だったプロからの指名を待っている。

 浅田は毎日グラウンドで黙々と練習を続けている。「取り組んでいるのは体づくり。体を柔らかくしてしなやかさを出したいので、柔軟やストレッチを多めにやっている。入寮するまでが勝負だと思う」。体を目いっぱい使った力強いフォームで最速149キロをマ...    
<記事全文を読む>