プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。

 県勢、関係者は9人がプロ野球志望届を提出した。最速149キロの直球、切れのある変化球を武器とする興南高の宮城大弥投手(嘉数中出)は上位指名が期待される。高校1年から2年連続で夏の甲子園を経験し、今夏にはU―18ワールドカップのメンバーに選出された。大リーグカブスのダルビッシュ有投手が自身のツイッターで称賛するなど、高い評価を受けている。

 日本文理大付高(大分)の翁長佳辰投手(石垣中出)は最速147キロを誇る本格右腕。5月の大分県選手権大会では優勝に貢献した。興南高遊撃...    
<記事全文を読む>