プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。福井県勢は、高校生では、左腕から最速147キロを投げる丹生高校の玉村昇悟投手が注目。今夏の県大会5試合で52奪三振をマークし大会新記録をつくった。敦賀気比高校の木下元秀外野手は2年連続で夏の甲子園に出場し今夏は4番を打った。高校通算36本塁打の長打力がある。

 大学生では若狭高浜ボーイズ出身で、関西六大学秋季リーグ戦で無安打無得点を達成した大阪商業大学の橋本侑樹投手らがプロ志望届を提出している。独立リーグでは、福井商業高校出身で新潟アルビレックスBCの長谷川凌汰投手が150キロ台の速球...    
<記事全文を読む>