プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。アマチュア球界一の豪腕として注目される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、西武が1位指名を明言しているほか、ソフトバンクなどの指名も予想され、多数の球団による抽選となることが確実だ。

 新潟県関係では、9月のU18ワールドカップでベストナインに選出された花咲徳栄高(埼玉)の韮沢雄也内野手(堀之内中出)に期待がかかる。BCリーグの新潟アルビレックスBCからは最速153キロ右腕の長谷川凌汰投手が指名を待つ。

 今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸投手...    
<記事全文を読む>