野球独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(CS)第5戦は15日、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで行われ、ルートインBCリーグ王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は四国アイランドリーグplus王者の徳島に3-4で競り負け、通算2勝3敗で初優勝を逃した。徳島は2年ぶり3度目の優勝。

 栃木GBは初回に飯原誉士(いいはらやすし)の犠飛と原田元気(はらだげんき)の2点適時二塁打で3点先制したが、二回以降は徳島の2番手で登板した本格派右腕の前に散発2安打に抑え込まれた。先発の前田大佳(まえだまさよし)は4回2失点と粘りの投球。しかし、五回に2番手の秋山陸(あきやまり...    
<記事全文を読む>