◆九州大学野球選手権大会準々決勝 九共大6-1産経大(14日・福工大野球場)

 明治神宮大会(11月15日から、神宮)への出場を懸けた九州大学野球選手権大会(西日本新聞社後援)は14日、福岡市の福工大野球場で準々決勝1試合が行われ、大会3連覇を狙う九共大(福岡六大学2位)が宮崎産経大(九州地区南部1位)を6-1で破り、6年連続の準決勝進出を決めた。先発した当山昇平(4年・名護)が1失点で完投した。九共大は23日にヤフオクドームで行われる準決勝でライバルの九産大(福岡六大学1位)と対戦する。

 福岡六大学のタイトルホルダーがその実力を見せつけた。秋のリーグ戦で防御...    
<記事全文を読む>