◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 2008年以来の日本一への道は、今季147試合目で断たれた。昨季に続き、CSファイナルSで立ちはだかったソフトバンクの高い壁。「『非常に残念』が一番かな。強かったな」。辻監督に1年前の涙はない。4連敗。完敗だった。

 4試合連続で先制点を奪われ、12球団断トツの得点力を誇る獅子脅し打線も本来の姿ではなかった。初戦からの投壊の流れは止まらず、4試合で32失点。ソフトバンクにはCSファイナルS記録となるチーム打率3割5分7厘を樹立された。

 レギュラーシーズ...    
<記事全文を読む>