日本ハムの杉谷拳士内野手(28)が11日、札幌市内の球団事務所で記者会見し、国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留すると発表した。年俸は今季の400万円増の3千万円で契約更改。「北海道の方々の温かい声援が(残留の)決め手。体力が続く限り、ファイターズのユニホームを着て存分に個性を出したい」と話した。

 杉谷は7月に出場選手登録が8年に達し、国内FA権の資格取得条件を満たした。この日、札幌市内で球団の吉村浩チーム統轄本部長兼ゼネラルマネジャー(GM)と会談し、残留の意向を伝え、同意を得た。

 杉谷は「シーズンを通して波をなくしたい」と来季への抱負を語り、...    
<記事全文を読む>