◆パ・リーグCSファイナルステージ第3戦 西武0-7ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 リーグ優勝した西武が、第1戦からまさかの3連敗を喫した。対戦成績は1勝3敗(1勝のアドバンテージを含む)となり、日本シリーズ進出に王手をかけられた。

 先発の十亀が4回5失点と試合をつくれず、頼みの強力打線もソフトバンク先発・千賀の前に沈黙。初回先頭の秋山が単打を放ったきり、8回に源田が内野安打で出塁するまで1安打10三振で無得点に抑えられ、9回も高橋純の前に0点に終わった。

 現行プレーオフ、CSの日本シリーズ進出がかかったステージで、リーグ優勝チーム...    
<記事全文を読む>