◆パ・リーグCSファイナルステージ第3戦 西武0-7ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 獅子が崖っぷちに追い込まれた。3試合連続で初回に失点。自慢の打線は2安打のみと沈黙した。ゼロ封負けで悪夢の3連敗。早くも後がなくなった。辻監督は「完敗やったね。徳俵いっぱい。後がないからやるしかない。びびることもない」と言葉を連ねた。

 

 

 初回に先制点を献上。その裏、先頭秋山が右前打を放ち、反撃を試みたが、千賀の前に封じ込まれた。7回までその1安打のみ。攻略の糸口さえ見つからない。指揮官は「千賀は良かった。力みもないし、カットボー...    
<記事全文を読む>