プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は十一日、会社の清算手続きに入ると発表した。BCリーグ事務局は十月中に新たな運営企業を探す予定。見つからなければチーム解散、もしくはリーグ自体が一時的にチームを運営するという。

 ミラクルエレファンツは二〇〇八年、「スポーツコミュニティ福井」が運営し、リーグに参戦。一〇年に福井新聞社が親会社となって福井県民球団が設立され、エレファンツの球団経営を引き継いだ。

 県庁で会見した新谷隆美社長は、清算を決断した理由に経営を黒字化できなかったことなどを挙げ「これ以上迷惑は掛けられな...    
<記事全文を読む>