17日に開かれるプロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)。「運命の日」を待つ、神奈川ゆかりの選手が抱く希望や不安、その思いとは-。

 この春、16年ぶりに桐蔭学園をセンバツに導いたショートストップは腹をくくっていた。7月20日、1999年以来の夏の神奈川の頂を狙ったチームは4回戦で向上にあっけなく敗れた。その日、キャプテンを務めていた森敬斗はサーティーフォー相模原球場から戻ってきた学校で、片桐健一監督(46)らに伝えた。

 「プロにいきます」

 高橋由伸前巨人監督や鈴木大地(ロッテ)ら、あまたの名選手をプロに輩出している「TOI...    
<記事全文を読む>