◇阪神7-6巨人

 阪神は2度リードを失いながらも粘って競り勝った。6-6の九回に先頭打者の大山の右中間への本塁打で勝ち越した。藤川が八回から登板して2回無失点で勝利投手となった。

 巨人は4番岡本が2ランを含む3安打4打点と気を吐いたが、六回以降は無得点に抑え込まれた。投手陣も2番手の桜井が1回0/3を3失点と踏ん張れなかった。

 もう一つも負けられない。そんな窮地で今季の阪神は驚異的な粘りを発揮する。レギュラーシーズン最終盤の6連勝で進出を決めたCSの舞台。3連敗で瞬く間に後がなくなったファイナルステージ、身...    
<記事全文を読む>