プロ野球北海道日本ハムの小笠原道大(みちひろ)ヘッドコーチ兼打撃コーチ(45)の就任会見が10日、札幌市内で行われた。2006年オフにフリーエージェント(FA)で巨人に移籍して以来、14年ぶりとなる古巣復帰に「ただいま」と第一声。「今まで経験、勉強してきたことを(生かして)、何とか北海道に恩返ししたい」と抱負を語った。

 小笠原コーチは1997~2006年に日本ハムでプレーし、巨人を経て中日で現役を終えた。16~19年は中日で2軍監督。久しぶりの北海道を懐かしみつつ、「『浦島太郎』のよう。またここで野球ができるうれしさで、気持ちが高ぶっている」と話した。

...    
<記事全文を読む>