クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は10日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われ、セは5年ぶりにリーグ優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神を6-0で下し、2連勝を飾った。巨人はリーグ優勝による1勝のアドバンテージを含めて3勝とし、11日の第3戦に勝つか引き分けると6年ぶりの日本シリーズ進出が決まる。

 パは2位ソフトバンクがリーグ2連覇の西武に8-6で2連勝としてアドバンテージがある西武に対して1勝差をつけた。

 11日の第3戦の先発は、セが戸郷(巨人)、青柳(阪神)、パは十亀(西武)、千賀(ソフトバンク)と発表された...    
<記事全文を読む>