プロ野球東北楽天の平石洋介監督(39)が10日、1年契約の今季限りで退任することを明らかにした。球団からの続投要請がなかった。後任候補には三木肇2軍監督(42)が挙がっている。球団は14日に始まる秋季練習から新体制に移行する方針で、新監督は11日にも発表される。

 石井一久ゼネラルマネジャー(GM)との会談を終えた平石監督は、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で取材に応じ「来季のオファーはないと言われた。想定はしていた」と語った。球団からは2軍統括という新設ポストを打診されたが「ゆっくりと考えたい」と回答を保留した。
 石井GMは「バントやスクイズの精度...    
<記事全文を読む>