日本ハムは9日、元日本ハム選手の小笠原道大氏(45)のヘッドコーチ兼打撃コーチ就任を発表した。10日に札幌市内で記者会見する。

 小笠原氏は千葉県出身で、NTT関東から1997年にドラフト3位で日本ハム入団。2006年には当時25年ぶりのリーグ優勝、同44年ぶりの日本一をけん引した。同年オフにフリーエージェント(FA)で巨人に移籍し14年に中日に移り、15年に現役引退。16~19年は中日の2軍監督を務め、今季限りで退任した。

...    
<記事全文を読む>