横浜の主砲が海を渡る。プロ野球DeNAの筒香嘉智外野手(27)が今オフにポスティングシステムを利用して、米大リーグへ挑戦する。「小さいころからの憧れ、夢」というメジャーの舞台。10年間を過ごした日本球界を離れる。

 阪神とのクライマックスシリーズファーストステージの第3戦が行われた7日の横浜スタジアム。1点を追う九回、先頭で打席に立った筒香は藤川の前に空振り三振に倒れた。チームも敗れ、シーズンは終了。試合後の記者会見で三原一晃球団代表が「彼の小さいころからの夢をかなえてあげたい」と容認した。

 思えば、近年の打撃フォームはメジャー仕様だった。どっしりと腰を落とし...    
<記事全文を読む>