◇CS第1ステージ最終戦 ソフトバンク2-1楽天

 ソフトバンクが接戦を制した。0-1の四回2死無走者からの連打で一、二塁として内川の適時打で追い付き、七回に内川がソロを放って勝ち越した。高橋礼が六回途中までを2安打1失点と好投し、救援陣が無失点でしのいだ。

 楽天は四回に浅村の3試合連続となるソロで先制したが、同点とされた後の六、七回の好機を逃したのが響いた。

     ◇

 勝利を見届けたソフトバンクの王球団会長が満足そうに言った。「内川がよく打ったね。本当に『CS男』だ」。黒星スタートからの2連...    
<記事全文を読む>