プロ野球の横浜DeNAベイスターズは7日、横浜スタジアム(横浜市中区)で行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦で阪神タイガースに1-2で惜敗し、対戦成績を1勝2敗とされて敗退が決まった。3度目のCSで初めてファイナルステージ進出を逃した。

 ベイスターズは今季71勝69敗3分けで、22年ぶりのリーグ2位で終え、球団史上初めてCSを本拠地で開催。連日3万人を超えるファンの後押しを受けて第3戦までもつれ込んだが、3位阪神の前に屈した。

...    
<記事全文を読む>