プロ野球東北楽天は7日、福岡市のヤフオクドームで、日本シリーズの出場権を争うクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)の最終第3戦に臨み、ソフトバンクに1-2で惜敗。2年ぶりのCSファイナルステージ進出を逃し、今季の戦いを全て終えた。

東北楽天  000100000-1
ソフトバンク00010010×-2

 東北楽天先発の岸孝之投手は6回1失点と好投。1-1で迎えた七回、2番手の宋家豪投手が内川聖一内野手に勝ち越しソロを浴びた。打線は四回、浅村栄斗内野手の3戦連続となるソロで先制したが、六、七回の好機を...    
<記事全文を読む>