秋季リーグ最終節第3日は7日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大-仙台大の3回戦があり、福祉大が6-1で勝って勝ち点を5に伸ばし、4季連続72度目の優勝を飾った。
 福祉大は同点の三回に清水の2点本塁打などで4点を挙げて突き放した。投げては3投手で仙台大打線を6安打に抑えた。
 試合後、同球場で閉会式があり、福祉大に優勝旗や河北杯などが贈られた。最高殊勲選手(MVP)は福祉大の清水が選出された。
 優勝した福祉大と2位の仙台大は26、27日、仙台市民球場で行われる明治神宮大会東北地区代表決定戦に出場する。(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)
<記事全文を読む>