野球独立リーグの四国アイランドリーグplus(IL)とルートインBCリーグ(BCL)の年間王者が日本一を争うグランドチャンピオンシップ(GCS)第2戦は6日、栃木県小山市の小山運動公園野球場で行われた。四国ILの徳島インディゴソックスは延長十一回の末、3-4でBCLの栃木ゴールデンブレーブスに敗れ、1勝1敗となった。

 徳島は六回までに1-3とリードされたが、七、八回に1点ずつを奪って3-3の同点に追い付いた。延長十一回、6番手の戸田が連打と野選で一死満塁とされ、次打者の右犠飛でサヨナラ負けを喫した。

 GCSは3戦先勝方式で、第3~5戦は12~14日、徳島に会...    
<記事全文を読む>