野球独立リーグの日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(CS)第2戦が6日、小山運動公園野球場で行われ、ルートインBCリーグ王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は延長十一回、4-3で四国アイランドリーグplus王者の徳島にサヨナラ勝ちし、通算成績を1勝1敗のタイとした。

栃木GB 1勝1敗のタイに グランドCS第2戦 徳島に4-3

 栃木GBは初回にルーカスの犠飛で1点先制すると、二回は青木玲磨(あおきれいま)、四回は西岡剛(にしおかつよし)の適時打で追加点。3-3で迎えた延長十一回は、1死から2連打と敵失で満塁とし、野崎新矢(のざきしんや)の犠飛で試合を決めた。

...    
<記事全文を読む>