プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの第2戦に臨んだ東北楽天を応援するパブリックビューイング(PV)が6日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城であった。ファイナルステージ進出決定は持ち越しとなったものの、大勢のファンがホームゲームさながらの大声援を送った。
 球団が主催し、「イーグルスドーム」や内野席の一部を開放。人工芝の「スマイルグリコパーク」はユニホーム姿の家族連れが埋め尽くし、応援歌を口ずさみながら大型モニターの中継に見入った。
 試合は序盤、主砲浅村栄斗の3打点などで接戦となるも、先発の美馬学が踏ん張れず五回までに2点のリード...    
<記事全文を読む>