17日のプロ野球ドラフト会議で複数球団の1位指名が予想される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手が4日、同校で東北楽天のスカウトと面談した。母の陽子さん、国保陽平監督らと共に約30分、プロ入り後の生活について説明を受けた。
 面会後の取材で宮越徹スカウトは「大きく純粋に育った高校生」と印象を語った。実力的にも「日本球界としてどのように育てていこうかという(レベルの)選手」と太鼓判を押した。
 高校野球史上最速の163キロを記録した佐々木を巡っては、既に日本ハムが1位指名を表明。東北楽天も石井一久ゼネラルマネジャーが「何十年かに一人の逸材。ドラフト1位候補」と高く評価してい...    
<記事全文を読む>