5日に開幕するクライマックスシリーズ(CS)を球団史上初めて本拠地の横浜スタジアムで戦う横浜DeNAベイスターズ。球団OBで今季限りで現役を引退した荒波翔さん(33)は「圧倒的な声援があるホームの強みを生かし、日本一まで突き進んでほしい」と笑顔でエールを送った。

 2018年シーズン終了後、ベイスターズから戦力外通告を受けた。他球団からオファーは届かず、海外初挑戦となるメキシコでプレーすることを選んだ。約3カ月間のメキシカンリーグでの挑戦を終え、現在は小中学生向けのスクールのコーチなどを務める。

 「自分の野球人生はいつも挑戦の連続でした」

 横浜市...    
<記事全文を読む>