緒方監督は寡黙であり続けた。秘めた情熱をのぞかせはしても、決して多くを語ろうとはしない。プレーヤー時代の孤高な姿勢は指揮官になっても不変。一本気で、コミュニケーションに固執しない。それが緒方流だった。

...    
<記事全文を読む>