ベイスターズは1日、中川大志内野手(29)、寺田光輝投手(27)、狩野行寿内野手(25)、綾部翔投手(22)らに来シーズンの契約を結ばないことを通告した。

 中川大は楽天から戦力外通告を受け2018年に加入。今季は3試合の出場にとどまった。横須賀市の2軍施設を訪れ、「横浜が野球をやるなら最後の球団と決めていた」と現時点では引退する考えを示した。

 2年目の寺田は1軍登板はなし。今季アンダースローに挑戦していた。「状態が上がってくるのが遅すぎた。夢のような時間だった」と振り返り、トライアウトを受ける方針だ。狩野は引退する見通し。
<記事全文を読む>