リーグ連覇を飾った西武の辻発彦監督(60)が30日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)でのリベンジを呼びかけた。メットライフドームでCSに向けた全体練習を再開。練習前の訓示で選手らに思いを伝えた。

 「昨年の悔しさを晴らせるチャンスを得た。ベストで迎えられるようにしっかり調整しよう」。CSファイナルSで宿敵ソフトバンクに屈し、ファンへのあいさつで「悔しいです」と号泣した昨季を繰り返さない決意を共有した。

 今季のファイナルSは10月9日に開幕。投打ともに実戦感覚を維持するため、同2、3日には紅白戦を実施する。辻監督は「日本シリーズに(チームを...    
<記事全文を読む>